カート

熨斗の豆知識

熨斗【“熨斗(のし)”の由来は、昔は薄く伸ばしたアワビを縁起物として贈り物に添えていたことからきており、後に昆布や紙が代用されるようになりました。現在は簡略化され、印刷熨斗や折り熨斗(色紙を細長い六角形に折りたたんだもの)を使用したのし紙や祝儀袋が一般的となっています。
それに加え、品物と一緒に目録をつけて贈るというしきたりも簡略化され、相手に中身を伝えるためにのし紙の表書きを書くようになりました。また、のし紙をかけることは昔から引き継がれている正式なマナーですが、気の置けない相手の場合はリボンでラッピングでも問題ありません。
※ただし、のし紙をかけたらリボンはNGです。】

 

熨斗種類

  • 花結び

解いて結びなおせることから、何度あってもよいことに用いられます。
例えば一般的なお祝い、お礼、出産祝い長寿のお祝いなどに用いられます。
何度も繰り返しては困るお祝いの場合には用いない形式ですので結婚のお祝いやお見舞いには 使いません。

花結び

花結びの用途

出産祝い・出産祝いのお返し、お子様の祝辞、長寿祝い、引っ越しの挨拶
お中元・お歳暮、その他、一般的なお祝い・お礼など

  • 結切り

結び目が簡単にほどけない事から、一度きりであってほしいお祝い事、結婚などに用います。
例えば結婚祝い、お見舞い、弔事などに用いられます。

結切り

結切りの用途

結婚祝い・結婚祝いのお返し、結婚式の引き出物、病気や怪我のお見舞い、快気祝いのお返し
全快祝いのお返し、弔事など。

  • あわじ結び

別名鮑結びとも呼ばれます。末永いお付き合いの願いを込めて慶事と弔事の両方に用います。
明治以降に考え出された比較的に新しい結び方です。
両端をもって引っ張ると、より強く結ばれることから今後も末永くいいお付き合いをお願いしたいという意味も持ちます。

あわじ結び

あわじ結びの用途

出産祝い・出産祝いのお返し、子供の祝事、長寿の祝い、新築祝い。引っ越しの挨拶、お中元・お歳暮結婚祝い。結婚祝いのお返し、結婚式の引出物、弔事など。